会社紹介

会社紹介

弊社は開発・設計からのVE提案型製造業として、設計・製作・組立・検査までの一貫したオンデマンド加工・製造を得意としています。

VE提案型とは

産業界の多様なニーズに合わせ、高精密・複雑・薄肉加工などの技術を独自に開発できる企業です。 アルミ・チタン・ステンレスなどの超高速・精密な切削加工を得意としており、弊社の提案した製品の多くは、液晶・半導体製造装置の世界最先端工場に採用されています。 さらに、自社の三次元自動測定機を核とし、検査・加工を連動させ、より高水準の品質を追求し、医療・介護の分野を中心に新たな商品開発を実現しています。

昭和35年の創業から培ってきた樋原製作所の豊富な知識・経験・技術そして各種エキスパートである協力会社と結集して、お客様のご要望にお応えします。

事業イメージ

創業

昭和35(1960)年 8月

設立

昭和37(1962)年 2月

代表者

代表取締役会長
樋原 壽一 Hisakazu Hibara

代表取締役社長
樋原 明徳 Akinori Hibara

代表取締役副社長
吉原 隆 Takashi Yoshihara

所在地

〒590-0153
大阪府堺市南区大庭寺611-3
611-3 Oobadera Minami-Ku Sakai City, Osaka Pref.
アクセス地図

電話

072-293-1111

FAX

072-293-1112

URL

https://www.hbrind.co.jp/

資本金

10,000,000円

~開発への想い~

2020年、新型コロナウイルスで自粛している最中、休まずに最も危険な現場で働き続けている人たちのこと、
“essential worker”という言葉を知りました。
わたしたちのお客さまは、そうした現場の最前線で働いておられる、必要不可欠な医療従事者の方々です。
そうした方々のニーズに応えた商品をご提案させていただくのが、樋原製作所の使命だと考えています。

We support essential workers. これがわたしたちの開発コンセプトです。

現場の声を拾い上げるために、商品を持って病院をいろいろ回らせていただくと、
「これは、今までありそうでなかった」
「これは助かる」
「これより、こんなものはできませんか」
など、率直な意見をブレーンストーミングでいろいろと発言してもらうのですが、
そうした意見は、他の現場でも問題となっていることが多く、展示会などで多くの人に見ていただくと、
「よく考えましたね」
「これ、デモはできますか」
「うわー、スゴイ」
というお褒めの言葉をたくさんいただきました。

また、
「これは、ここをこう直した方が良い」
「こういうのはどうだろうか」
など、病院やまた展示会でもアイデアをブラッシュアップしてくださるお客さまもいます。

このように、現場の声を一つでも多くと拾い上げているのが、 弊社の強みだと思います。


© Hibara Industries, Co., Ltd.